2018年03月27日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.96終了】

☀穏やかな好天に恵まれたこの日・・
!cid_27E1FFC9-1087-42D3-B0EE-347D12482700.jpg
この日の作品は「海の沈黙」。1947年、
今から70年前のフランス映画です。
!cid_008EB389-16B7-48AC-8F32-D0F2354BC99F.jpg 
!cid_997E71D1-C9F0-44B9-A3BA-422F1543AFB2.jpg
🎥今年度最後だったこの日の上映会。
お集まりいただいた皆様、有難うございました。
来たる平成30年度以降も、引き続き宜しく御願いいたします^^/
posted by 女主 at 19:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.95終了】

2月24日(土)
上映会、その95回目が開催されました🎥
!cid_53E86962-4DA8-41D0-A170-BA462277DD21.jpg
この日の上映作品は「星守る犬」。
今年が戌(犬)年であること。
間もなく巡りくる、東日本大震災前の福島の風景が映されていることetc.
いろいろなフックから、今井先生のチョイスへと繋がったものです。
〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
DSC_0069.JPG
「原作本を読んで感動した」今井氏、熱く語ってくださいました。
DSC_0070.JPG




主演の玉山鉄二さんと、立ち寄る旅館の女将役の余貴美子さん。





DSC_0071.JPG




コンビニ店主役の中村獅堂👀





DSC_0072.JPG
やはりこの映画もこの人の独壇場、名優西田敏行さん。
人知れず車の中でひっそりと亡くなっていた老人の身元を辿る市職員(玉山)が、
実は故人は、悔恨の念を抱えたまま覚悟の片道旅行を決め込み、愛犬と共に行く先々で巻き起こしながらも人々に残した記憶を辿ることで明らかに。
ラストに向かって、どこまでも忠実な愛犬ハッピーの健気な姿が哀しさを増幅させます


愛犬家ならずとも、人生の悲喜こもごも、いろいろ想いを共鳴させられ涙する一本。
自他共に認める愛犬家、今井先生自身も泣いていたのは言うまでもありません。
とってもピュアな方ですもの。

          
上映後、感想を語り合い、また次回の再会を約束したところで、散会となりました。
参加者の皆様、有難うございました。
posted by 女主 at 20:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.94】

☁厳寒続きとなった今週、そんな悪天にも関わらず
この日も西から東から、たくさんの方が集まってくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
今月の上映作品は「帰郷」
!cid_67FF40B9-71C4-4E69-9953-3EBAF16A95FD.jpg
1970年代〜80年代にかけて、ベトナム戦争で疲弊した
アメリカ国内の痛みは、ハリウッドでも
多くの問題作にして名作を生み出しました。
1978年、ハル・アシュビー監督によって撮られたこの作品も
アカデミー賞やカンヌ国際映画祭を賑わした佳作で、
今見ても訴求力のある作品でした。
🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥
DSC_0028.JPG
本日の素材👀

DSC_0032.JPG




開始前に、初参加者と挨拶を交わす今井先生。
(女性だと嬉しそう



🔛
定刻スタート!
DSC_0033.JPG





まずは前説から!



DSC_0036.JPG



夜は冷え込みます;
中でもコート着たまま鑑賞中。




DSC_0039.JPG






アフタートーク中。









今回はあまり写真がありませんが、戦争の大義を問う
名作だっただけに、アフタートークも闊達に意見が交わされました。
その後も、初参加者のご挨拶、さぬき映画祭についてetc.
いろいろな情報が飛び交う、有意義なひとときとなりました。
参加いただいた皆さん、有難うございました。
まずは「目指せ、100回!」(2018年7月予定)
次回も元気にお会いいたしましょう


posted by 女主 at 15:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.91】

☁→☔寒くはないものの雲の多い一日・・12月24日(日)
この日の夕方、今年最後のうたんぐら上映会が開催されました。
!cid_4CB94384-6CE3-4CC3-8965-71AFFFAD7AB0.jpg
上映作品は、10月上映予定だった「第七の封印」。
名匠イングマール・ベルイマン監督のこの作品は、
十字軍の遠征から帰途についた騎士と死神の対決を通して
神の存在を問う異色作。
この年の締めくくりも、うたんぐららしいレアな作品となりました。
〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 
前説.jpg




前説で今作を選んだ理由、経緯をちょこっと解説。
幾つになっても変わらぬ映画愛、
今井先生ってとてもチャーミングな方です(笑)。





前クレジット.jpg 上映2.jpg
タイトルロールから続くクレジットの中には、
その後も北欧を代表する名優として名を馳せた
マックス・フォン・シドーの名前も👀
ちなみに死神役ではありません。

上映3.jpg 上映4.jpg
1957年のこの作品は、モノクロで撮られています。(カラー作品も出ていた時代)
後方から.jpg






後方から見る・・・






アフタートーク.jpg





アフタートークではいろいろなシーンの"深読み"論・・






吉川さん.jpg







先月から帰省している吉川英治さんも、この辺りの映画には造詣の深い方。
噛みしめるように感想を語ってくださいました。
(ちょうど帰国直前の日程で、2回続けて来ていただくことができました。感謝)






🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 
今年も一年、うたんぐら上映会を続けることができ、ホッとしています。
参加いただいた皆様、いつも応援してくださる皆様、
映画関係のみならず、いろいろな方に知っていただけた今、
細々とではありますがが続けて行けることに感謝・感謝です。
来たる平成30年も、気付きと学びと出逢いの場として
頑張って続けてまいりますので、引き続き宜しくお願いいたします。

どうぞ、皆様よいお年を
posted by 女主 at 20:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

【吉川英治さん講演会!】

うたんぐらお薦め!

image1.jpeg
我らがうたんぐら仲間にもすっかりお馴染み。
ブレない信念とその圧倒的な行動力には脱帽です。
信奉者も多い吉川さんのお話が聞ける貴重な機会

〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
あの感動から一年
また「世直しボクサー」エージさんが還って来る!
「こんなに勇気ある発言は聴いたことがない」「自分を守らずに私たち生徒を守ってくれる」「生きる本当の意味がわかった」「また来てほしい!」という生徒たちの声に応えてクリスマス特別講演!

日時 : 12月18日(月) 1:20pm
場所 : 高松 桜町中学校 体育館

講演に向けてエージさんからの言葉 :
「いろんな国で話してきて、いろんな生徒やお母さんが人生を変えた。みんな、爽やかに賢く若々しく幸せになった。”エージさんのおかげ。ありがとう!”と言われると”俺は何もしてない。◯◯ちゃんが自分自身の声を聴いただけ”と答える。かと言って、みんなが話に感動しても、人生を変える人は一部の【行動を起こした人】のみ。だから12/18に来ても、どうってことないかも。ただし、来なきゃ、一切変わらないのは保証書つき。ただ月日が経って、老いさばらえ、沈下の一途。出逢って一緒に飛び立とう!」
image2.jpeg
▲ ラスベガスにてテレビライブショーの司会
www.Eiji.tv

🔵 世直しボクサー 吉川英治さんプロフィール
________________________________________
元プロボクサー 現在トレーナー
映画監督 ジャーナリスト
カナダのナンバーワン ヒーロー「テリー・フォックス」日本大使

日本初の自警団「明大前ピースメーカーズ」を結成し全国の安全パトロールブームを巻き起こした
50才を超えてからもラスベガスや後楽園ホールのリングに立ち、社会正義をうったえる

保育園から大学院、政治家、大企業、海外の有名大学等で800回以上の講演
著書
「ボクサー街を守る」(日経BP)
「KOされない男たち」(東京新聞)

丸亀高校 中央大学 卒業
_______________________________________
posted by 女主 at 20:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする