2018年09月23日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.101】

☁☀ 予報に反してまずまずの天候となったこの日・・
🎥うたんぐらレギュラープログラム「みんなで楽しくショートフィルムを見る集い」その101回目が開催されました。
本日の作品.jpg

本日の上映作品は、映画史に残る戦争ものの名作「西部戦線異常なし」
原題は「All Quiet on the Western Front」            
ストーリーを知っていると、かなり意味深なタイトルとおわかりでしょう。
※過酷で悲惨な戦争の現実をドイツ側から描く、アメリカ映画としては異色の作品。

🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 

前説から.jpg
定刻に集まってくれた方々・・
まずは今井さんの前説から🎤
🔛
さあ、上映開始!

上映開始.jpg





タイトルロール
「All QUIET on the Western Front」
(訳:西部戦線異常なし)
訳もいいですねエ!





監督クレジット.jpg





Directed by Lewis Milestone 
監督:ルイス・マイルストーン






上映前半.jpg





外のものものしさから情勢が悪化しているのが見て取れる中・・
窓のこちら側は学校。
コンサバな教授が、若者を戦場へとけしかけるような熱弁をふるう。





〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
主演はリュー・エアーズ。
これが映画初主演だったこともあり、反戦への思いを強く感じ
以後、反体制派の人間として映画人としても不遇な人生を歩む。
のちにTVなどで活躍したとか。
〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
上映後半1.jpg   

後半:悲惨な最前線から休暇をもらって戻ってきた息子に、父親たちすら時代錯誤な優勢論を口にし、それを見た息子は落胆する・・
というシーン

上映後半2.jpg




かつて自分や友人達を鼓舞し戦地へ送り込んだ教授との再会。
そこには、かつての自分たちよりもさらに幼い少年たちがおり、以前と変わらず軍人賛歌を論じる教授の姿が。
学び舎の先輩として「軍人がいかに誇らしいか、国に仕えることの素晴らしさを説いてやれ」と言われた主人公。
彼は「戦地で無駄死にするな。」と吐き捨て、その場を去るのでした。





〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
再び隊に戻った彼が迎えた最期の時、そのシーン。
蝶々のUPと手の大写しが
本作でもほとんどないBGMと相まって、悲劇の盛り立てが詩的ですらあります。
名作と言われる所以、一つの要素でもあるこのシーン。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アフタートークでは「この映画を何度も見ている」とおっしゃる長尾先生から
この映画に関する情報をいっぱい聞かせていただき、充実した時間の仕上げとなりました。
ご参加いただいた皆様、有難うございました。       
posted by 女主 at 20:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする