2019年06月30日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.110】

☁雨の予報もなんのその、結果しのぎ易い一日となったこの日。
恒例の上映会、その110回目が開催されました。
🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥
!cid_9E110A70-2FE0-4741-ACAE-0CF7AAEECC13.jpg
この日の上映作品は、1962年スウエーデン映画の傑作「野イチゴ」でした。
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 
!cid_16ba6b48cd039f28f5c1.jpg 





いつもどおり今井さんの前説から始まったこの日・・
残念ながら参加者数は少なかったものの、その分
アットホームな中で鑑賞へ👀






!cid_16ba6b4b562849cb45d2.jpg







上映中・・









!cid_16ba6b5995219f0fe5f2.jpg




世界の巨匠、イングマール・ベルイマン監督作品の上映は
うたんぐらでは二回目。
公開時あまた国際映画賞を受賞した「野いちご」も
代表作のひとつですが、老教授の潜在意識と今が混在した
観念的な作品は一見の価値あり。





・・ということで、地味に地道に回を重ねるうたんぐら上映会。
次回はゲストをお迎えしてのスペシャルな回となるか?!
現在、鋭意調整中。
決まり次第ご案内いたします。
どうぞお楽しみに
posted by 女主 at 14:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.109終了!】

☀平成も終わりの去る4月。
うたんぐらにもほぼ毎回ご参加いただいていた、長尾順二先生が
お亡くなりになりました。
毎回、「名画の名画たる所以」を、豊富な知識とご経験を踏まえて
語ってくださっていた姿・・。
我らうたんぐら仲間は決して忘れません
🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥 🎥
この日は、お世話になった故・長尾先生を偲んでの特別上映会。
上映作品は、「嵐の果し状」1968年の日活映画でした。
!cid_FA69DFF1-E6B2-48B1-B315-393DEDE9D8ED.jpg !cid_63054277-B231-49A5-BB38-8F28507C44D3.jpg
主演は、小林旭。
高橋秀樹、杉良太郎、野川由美子、沢たまき等、オールスター出演作。
なんと!宇多津町内でロケがされた作品だとか!?
先生が、生前「みんなで一緒に見よう」と言っていた作品です。
参加者1.jpg

参加者2.jpg

参加者3.jpg
👀 👀 👀 👀 👀 👀 👀 👀 👀 👀
!cid_3438918F-2EBB-4201-9B44-2ADF90C57C5E.jpg

参加者2.jpg
参加者6.jpg

平田さんのお母様が来られていてほとんどの場所を確認できました。
参加者4.jpg
2~3箇所不明なところがありましたが宮本さんのおかげで琴平町ではないか
との意見があり、今井が実際に探し当てました。
こんぴらの将八うどんのお父さんに写真を見せるとこれは近くのおいなりさんだ
ということであっさり見つかりました。
/////////////////////////////////////////////////////////////
当夜は、先生にお世話になったと言う方が多く参加。
いつも先生が座っていた場所を空けて会は進みました。
映画を愛し、宇多津を愛し、常に向上心を忘れなかった長尾先生。
我々も映画を愛する者として、先生の志を受け継いで
観て語って学んでいきたいと思います。
合掌💦
posted by 女主 at 20:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.107終了!】

☀今月は第4日曜日の開催となった、3月24日・・・
こじんまりと上映会、その107回目が開催されました。
!cid_DE48F14A-72FC-41B3-8BF3-C67E7CDD6C3D.jpg
🎥上映作品は「スミス、都へ行く」
1939年のフランク・キャプラ監督作。
腐敗した政治の世界にたった一人で抵抗する男の姿を通してアメリカン・スピリットを感動的に描いた傑作です。
〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
2image.jpeg






今井さんの簡単な前説の後・・・
🎥上映開始!








image1.jpeg






冒頭出てきたのは、主人公のスミスと、彼の亡き父の友人で上院議員の先輩でもある男の対面・・・








image3.jpeg







田舎から上京してワシントンで会見に臨むスミス。
この時はまだ真っ直ぐに正義だけを信じていた・・・







〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
image6.jpeg







やがて、不正を知り、長いものに巻かれることなく孤軍奮闘することになる主人公。







ブレない信念と,人々や子供たちの未来を見据えた彼の主張に心動かされ
Endless に思われた長時間の発言を陰ながら応援するようになる
秘書や新聞記者たち・・
image8.jpeg






リベラルで公正なイメージの議長もいつの間にか
彼の意見に同調していく・・・・・








image10.jpeg






どこまでもスミスを陥れようとしていた上院の老重鎮たちも
身体を張った抗議には抗えず・・遂に勝利の時が訪れる。







〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
🎬名作の名作たる所以と“わかり易さ”の真骨頂!
タイトルは知っているが見たことがない・・・
そんな映画も、うたんぐらで時間と空間を共有しながら
鑑賞できることが素晴らしいと思います。(←自画自賛
今回は参加者少な目で少々残念でしたが、
次回はぜひ!
皆さんのご参加を心よりお待ちしております。
posted by 女主 at 22:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.106】終了!

2月は逃げる・・
アッという間の月末、2月24日土曜日は
第106回目の上映会でした。
DSC_0726小.jpg
いつもより多くの申し込みをいただき、早めにセッティング✌

DSC_0728小.jpg




←本日の素材。
美男美女(ジェラール・フィリップとアヌーク・エーメ)の
ジャケットが目を惹きます









!cid_ED60CDBF-7FA2-40A1-A5F0-B544E9D19B17.jpg
上映作品は「モンパルナスの灯」(Les amants de Montparnasse)
1958年 仏映画
※エコール・ド・パリの悲運の天才画家
アメディオ・モジリア−ニの晩年を描いた伝記映画でした。
🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬 🎬
DSC_0729小.jpg




本番前・・




🎥さあ、上映開始!
DSC_0732小.jpg
冒頭のスーパーによると👂
モディリアーニの伝記ではありますが、完全なドキュメンタリーではないらしい・・

DSC_0733小.jpg



主人公もディリア―ニ役のジェラール・フィリップに次いで二番手クレジットは
リノ・バンチュラ。(2ケ月前に「冒険者」でも見ましたね。)





DSC_0734小.jpg


モディリアーニと恋に落ちる令嬢役はアヌーク・エーメ。
後に「男と女」という世界的ヒット作品のヒロインと
なりますが、この頃の初々しい美しさは
オードリー・ヘプバーンにも匹敵するのでは?



DSC_0736小.jpg

DSC_0739小.jpg

DSC_0740小.jpg


今井さんのアフタートークタイム。
この日は高松から参加の方もいらっしゃいました。
(初参加いただき嬉しい!)




DSC_0741小.jpg


この日はフランス美術に造詣の深い山地さんも参加してくださっていて
この時代の芸術家たちの親交・相関図的なエピソードを
教えてくださいました。



映画って、見るだけでなく、その映画に秘められたエピソードや時代を
なぞってみたり、語り合うのが醍醐味だったりします。
そんな時間こそが"うたんぐら"の魅力。
これからもいい作品から、多くの感動や気付きを得られたら・・
次回もどうぞ、お楽しみに!
posted by 女主 at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

【みんなで楽しくショートフィルムを見る集いVol.105】開催!

1月27日(日)2019年1回目の上映会は、またまたイレギュラー日曜開催となりました。
🎬上映作品は・・
!cid_C55EA934-6C9E-468B-8A9B-2A6E35776DF0.jpg
「ビルマの竪琴」(1956年)日本映画の巨匠、市川崑監督の名作です。
〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰 〰
17:00スタート予定が少々遅れて17:30 → 🔛
1.JPG
タイトルロールから・・・
3.JPG



主演:三國連太郎・安井昌二





5.JPG









8.JPG




若かりし頃の三國連太郎さん。
なんてハンサムなんでしょう!



10.JPG








11.JPG







14.JPG






この日は参加人数こそ少な目でしたが、名作を共に鑑賞できて女あるじも満足。
参加者の皆様、有難うございました
来月も宜しくお願いいたします!
















posted by 女主 at 21:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする